So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

クワガタムシ

クワガタムシ(鍬形虫)とは、コウチュウ目・クワガタムシ科に属する「大きな顎」を持つ昆虫のことである。 世界では約1500種類が知られていて、最大の種類は体長120mm近くに達する。 カブトムシと並んで、子供から大人まで人気の高い昆虫である。クワガタムシの成虫は比較的飼育しやすいことから、古くからペットとしての扱いが一般化していたが、 近年では、開拓による生息地域の減少や、オオクワガタなどの採集、飼育ブームの過熱、外国産クワガタムシの輸入解禁により様々な環境問題及び社会問題が発生している。名称クワガタムシとは、戦国時代の武士が戦闘の際に被っていた兜についている「鍬形」に似ていることに由来する俗称であり、 そのような大アゴを持つ甲虫の総称である。英語では「Stag beetle」と表現され、stagは「雄鹿」、beetleは「甲虫」を意味し、 フランス語では「Cerf-volent」と表現され、cerfは「鹿」、volentは「飛ぶ」を意味している。 どちらも、クワガタムシの大顎を「鹿の角」になぞらえたものである。 また、他のヨーロッパの諸言語、韓国語においても同様に「鹿の角」が由来の呼称が使われている。 中国語では「鍬形蟲」と表現され、日本語に近い。分布東南アジアが全体の2/3の種類が生息している分布の中心であり、熱帯アフリカがこれに準じる。 東南アジア周辺のオセアニアやインド方面にも多い。 ヨーロッパや北米では種類数が少ないが、南米に大型種が見当たらないことは興味深い。 というのも、よく対比されるカブトムシは南米を分布の中心とするが、東南アジアにも、コーカサスオオカブトなどといった大型で有名な種が多数生息しているからである。日本では、39種が分布している。(ヤクシマオニクワガタを独立種として、更にマグソクワガタをクワガタムシ科として認めた場合) 日本のクワガタムシは、ほとんどが黒または赤みがかった黒であり、地味な印象がある。 離島の多い日本では、広範囲に渡って分布し、各島で亜種を擁するものも多く、ヒラタクワガタなどは日本だけでも12もの亜種で構成されている。 四島として唯一九州にはキュウシュウヒメオオクワガタ、オニクワガタの各亜種が固有に生息している。 ただし、標高の高い地域にしか生息できないルリクワガタ属やツヤハダクワガタでは事情が違い、ルリクワガタ属ではルリクワ

公明・山口代表 民主党候補支援の可能性に言及 (産経新聞)
首相公邸改修費は474万円=政府答弁書(時事通信)
同盟深化、普天間で議論=日米が外務・防衛局長級協議(時事通信)
「政治とカネ」の説明大事=平野官房長官(時事通信)
取材中に他人の郵便物を開封 TBS系番組で謝罪(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。