So-net無料ブログ作成

仲井真知事「ご丁寧にご説明いただきまして…、大体マスコミで聞いてた通り」(産経新聞)

【首相・沖縄県知事会談詳報】(下)

 鳩山首相「ただ同時に、沖縄県外に住む日本の国民の皆様方に対しても、基地問題と安全保障の問題について、自分自身のこととして考える機会をぜひ少しでも作っていただきたいとお願いをいたすところでもございます。この新たな日米合意によって政府が目指しておりますのは、代替施設の建設による普天間の飛行場の返還や、県外への訓練移転の促進だけではありません。従来の日米合意をもっと広げた負担軽減のパッケージに合意をするために今、懸命に協議をしているところでございます。新たな合意で目指したい、この負担の軽減策は、地元の、沖縄の皆様の声をできる限り反映したものにして参らなければならないと思っておりまして、沖縄の県の皆さん方から政府に対して提起していただいた項目を実現をしたいと思っておりまして、真摯に努力をしておるところでございまして、それが政府の基本的な考え方でございます。

 前回、5月の上旬に知事をご訪問申し上げときに、知事から特に5つのご要望をちょうだいをいたしました。その4つの部分は、米国の協力が必要な項目でございますので、今、政府は現在それらを米国との協議のテーブルにのせているところでございます。具体的には航空機の騒音の軽減策、グアムの移転と嘉手納以南の米軍の施設、区域の返還促進、さらには米軍基地関連の環境面での協力、ホテル・ホテル訓練区域の一部解除などでございまして、現時点ですべて結果を予見するというわけにはならないところではございますが、同盟国である米国の協力を求めながら、日本政府として最善を尽くすつもりでございますし、今、それなりの感触をそれぞれちょうだいしているところでございます。

 もう1つ、知事からご要望いただいております与那国島にかかわる防空識別圏の問題につきましては、沖縄県民の皆さん、および与那国の町民の方々が安心して生活をしていただけるように早急に見直すことにいたしたところでございます。なお、前回、知事の方から、『これまで政府が前向きに取り組んでこなかった』『のれんに腕押しだ』という風におっしゃられましたけれども、確認と対応を求められました、沖縄県に所在する米軍基地に関します20数項目の諸課題についても関係省庁に対してしっかりと対処するように指示をいたしたところでございまして、精査をいたして、今月末までに回答をさせることにいたしております。普天間の飛行場の危険性の除去につきまして、飛行場の返還までの間、できる限りの措置を講じていきたいと思っておりまして、その一環として、本年1月からは、回転翼機の飛行状況を調査をしているところでございますが、この問題に対しては、しっかりと取り組んでまいりたいと思っております。

 以上、ご説明を申し上げましたけれども、日本政府の対応に、方針に対してまだまだ足りないところもあろうかと思います。政府のこれまでの対応によって、県民の皆様方に大変なご迷惑をおかけしてしまっていますことも、私自身、痛いほどよく分かっておるつもりではございます。ご批判をちょうだいしておりますことから逃げるつもりもございません。同時に、ただ、今回の政府の方針の中には、これまで実現はおろか、米国と本当に交渉してきたんだろうかと、全く交渉さえしてこなかったんではないだろうかという点も含めまして、沖縄の負担軽減と危険性の除去を前進させる要素が含まれていることも受け止めていただければ大変ありがいと思っております。ただ、いずれにいたしましても、これからも知事とは、特に沖縄の県民の皆さんを代表しておられる知事とは、緊密に協議を続けさせていただきたいと思っておりますし、また、県民の皆さん方とも真摯に向かい合いながら、ご理解をいただけるように努力をすることを、お約束を申し上げるところでございます。大変長くなりましたけれども、私の方から、ちょっと読み上げさせてもいただきましたけれども、正確に現在の状況をお伝え申し上げたところでございます。どうぞよろしくお願い申し上げます」

 仲井真知事「どうもご丁寧にご説明いただきまして、われわれはマスコミの皆さんを通じて大体、聞いていました通りかなという感じではありますが、ただ、辺野古に…、辺野古沿岸でしたか? 辺野古に移設するというようなご趣旨の点につきましては、これは極めて、大変遺憾だという点と、それから極めて厳しいということをですね、恐縮ですがお伝えするしかないというのが現状でございます。特に先ほども申し上げましたけれども、県民大会が開かれ、そして選挙の時以来の民主党さんの公約に近いような表現、沖縄ビジョンとかいろいろとございました。総理のご発言等も踏まえて、ある意味で県外、国外という県民の熱い思いがですね、非常に高まっていた落差が非常に大きくですね、ここはぜひご理解をいただいて、総理が今おっしゃったように、時間をかけてご説明と納得のいく解決策というのをきちっと出していただくしかないと思います。ですから、端的に申し上げれば大変遺憾で、極めて案が厳しいですよということを申し上げるしかない。

 ただ、おっしゃった中で基地負担の軽減というところで、いろいろ取り組んでおられるということは、初めてのことですから、ぜひですね、もっともっと力を入れていただいて、この負担の軽減ということに取り組んでいただけますようよろしくお願いしたいと思います。私の今、うかがった感想は以上でございます」

 鳩山首相「知事から今、その話をいただいて、厳しいことは十分に理解をいたしております。県民の皆さん、特に知事を中心にして、県民の皆さんの思いというものをしっかりと勉強させていただいて、県民の皆さんに理解が少しでも深まって参るように最善を尽くして参りたいと思っています。そういう意味で、知事からお話がありましたように、県外という思い、すなわち、できる限り訓練なども今申し上げたこと、さらには訓練のあり方もさまざまあろうかと思っておりますが、県外に負担を求めるように、これから積極的に行動してまいりたいと思っております」

 仲井真知事「そうしますと、県外というのは、まだ何か、もう終わったんではなくて、続けておられますか?」

 鳩山首相「これからも、今、訓練の話などを中心にお話を申し上げましたけれども、そういった中で極力、実質的に沖縄の県民の皆さんに、特に現在、普天間でありますけれども、普天間に集中しているこのご負担ができるだけ軽減されるように、大変な努力をして参りたい。これはアメリカとの交渉ごとでございまして、これから求めていく部分も多々出てくると思っておりますが、努力をしてまいりたいと思っております」

 仲井真知事「まだ全部終わりではないということですか」

 鳩山首相「まだ終わりとは思っておりません」

 仲井真知事「ああ、そうですか。どうぞ、県内各界各層の色んな人の(意見を)、ぜひ現場で聞いて、また説明していただきますように。よろしく」

【関連記事】
(上)首相、仲井真知事に「座って恐縮でございます」
「姑息だぞ」“死に体”首相、相手にされる?鳩山延命策
映画「ABATOR」から考える政治のあり方
「日米合意、全く理解できない」福島党首 困惑の社民党
「日米同盟との決戦の時」浮かれる中国ネットユーザー  
中国が優等生路線に?

豪族の送霊船を描いた円筒埴輪など出土 京都(産経新聞)
<マルチ商法>仮想空間ビズ社捜索 会員「徹底的に解明を」(毎日新聞)
首相、外相らと対応協議…韓国艦沈没(読売新聞)
<裁判員裁判>強姦致傷→強姦で起訴 被害女性の意向で回避(毎日新聞)
「代替休暇制度」創設でどうなる? 長時間労働抑え、多様な働き方推奨(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。